★自動車事故に対応した1日保険が誕生!他人の車を運転するときに非常に便利!★

車を所有していない人は自動車保険に加入しているのが一般的ですが、他人の車を運転する機会は意外と多いと思います。実家に帰省した際に両親の車を借りる場合は、友人同士でドライブ旅行に際は交代で運転することが多々あります。そんな時、車所有者の契約状況によっては、他人が運転した際の事故について補償されないリスクがあります。事故の状況によっては、高額な慰謝料や損害賠償などが請求される場合もあるため、ちょっとした運転でも必ず保険に加入しておくことが重要です。今まではドライバー保険などがありましたが、年単位の契約なので運転頻度が少ない場合は保険料が高いデメリットがありました。しかし、近年は自動車版の1日保険が各社から販売されているため、少ない費用でもしものリスクに備えることができるようになりました。当商品は1日から最大7日まで契約期間を選択でき、保険料も1日500円の割安価格で加入できます。1日保険の補償内容は通常の自動車保険と同等のレベルとなっているため、安いからと言って補償が劣るとは限りません。おすすめの1日保険としては、三井住友海上から販売されている「1DAY保険」です。他社と違うのは、手荷物が補償されるプランがあることです。ゴルフ用品やカメラなど高額傾向にある所持品を車で運ぶ人は、手荷物補償をつけておくことをおすすめします。また、他社の1日保険はスマホからしか加入できないケースが多いですが、1DAY保険はセブンイレブンからも申込手続きが可能なのでスマホを持たない人でも安心です。

FireShot-Screen-Capture-#061---'1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版'---1日自動車保険_biz

 

 

 

 

 

★1DAY保険を詳しく確認★

現在複数社の保険会社が1日保険を取り扱っています。どの商品も1日500円から加入することができ、スマートフォンやパソコン、中にはコンビニなどでも簡単に加入手続きをすることができます。上記でも述べている三井住友海上の1DAY保険は、車内にある個人所有の荷物についての補償も上乗せする車内手荷物等特約が付いたプランも用意されています。この特約は事故により車に積んだ持ち物が壊れてしまった場合に補償します。例えば車に積んだカメラやゴルフセットなどの手荷物が衝突事故などで壊れた場合に補償してもらえるのです。修理費は、損害が生じた保険の対象を事故発生直前の状態に復旧するために必要な修理費をいいます。保険の対象の復旧に際して、部分品の補修が可能であり、かつ、その部分品の交換による修理費が補修による修理費を超えると認められるときは、その部分品の修理費は補修による修理費とみなされて補償されます。補償の対象とならない物は、自転車、雪上オートバイ、ゴーカート、ハンググライダー、パラグライダー、サーフボード、ウインドサーフィンおよびこれらの付属品、ラジコン、パソコン、自動車およびその付属品または装備されている物、ならびに車室内でのみ使用することを目的として自動車に固定されている自動車用電子式航法装置、ETC等となっています。上記以外の手荷物は補償されますので、ゴルフバッグやカメラ一式など高価な手荷物を運ぶときに加入する1日保険は1DAY保険がおすすめとなります。ただし、手荷物補償を付けると1日500円では加入できず、さらに車両補償を付けないという選択肢もありません。手荷物補償および車両補償付の1日1,800円のプラン1つだけとなってしまうので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。