★生命保険に加入するベストなタイミングとは!?知っておきたい保険の重要性と仕組み!★

4月も終わりに近づき、新入社員も研修が終わりそれぞれの部署に配属された人もいると思います。そんな時、外交員と会い勧誘されることから保険への関心が高まりだすと思います。外交員の方は、自分の成績にも影響することから少々過大な保障を勧めてくることがありますが、保険の必要性をしっかりと理解しておけば失敗することもありません。そこで今回は、生命保険に加入するタイミングと必要な保障内容について簡単に紹介していきたいと思います。まず、新卒社員のような独身世代の方は、無理に生命保険に加入しなくても良く、入るなら葬式代程度で十分です。これは、生命保険は自分に万が一のことがあった場合に残された家族に支給される保険金だからです。なので、若いほうが保険料が安い医療保険を充実させておくほうが重要となります。もちろん、歳をとる毎に持病や病気のリスクも増えるので、一生涯保障の終身タイプがおすすめです。では、生命保険の加入するタイミングとして一番なのが結婚したときです。結婚すると家族ができるため、自分が万が一のことがあっても、残された配偶者が生活に困らないよう死亡保障をしっかりとかけておきましょう。子供ができれば、それに上乗せする形で養育費が必要となってきます。子供を成人するまで育てるには全て公立の学校へ通ったとしても2000万円はかかると言われています。したがって、保険料の安い定期保険でも良いので、子供が大学まで行ける資金を生命保険で備えておくことは重要です。以上のように、生命保険に加入するタイミングは家庭を持った時が最適となります。必要な保障額は家庭ごとの生活水準によって大きく異なってくるので、気になる方はFPなどのプロに一度相談してみると良いでしょう。

http://生命保険比較ランキング.jp/

生命保険比較ランキング※最適な死亡保障の備え方

 

 

 

 

 

★生命保険の保険金給付対応ランキング★

生命保険金生命保険を選ぶときには、「万が一給付をうけることになった場合、加入した保険会社は保険金の請求がスムーズに進むのか?ちゃんと支払われるのか?」ということをチェックしておくことはとても大切なことだと思います。ここでは、生命保険会社の保険金請求対応満足度のランキングをご紹介したいと思います。生命保険の給付金の申請手続きを行った方を対象に実施したアンケートによるランキングでは、1位:プルデンシャル生命、2位:アフラック、3位:ソニー生命、4位:メットライフ生命、5位:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命となっています。このランキングは、単に、保険金がスムーズに支払われたというランキングではなく、保険会社の担当者がきちんと説明したかという「顧客対応」、請求者の問い合わせにきちんと対応したかなどトータル的なランキングとなっています。保険金の請求の流れや必要書類は加入した生命保険の商品によって請求する内容は変わってきます。例えば、個人年金保険や養老保険などの貯蓄型の生命保険の場合は、満期の時期が近付いてくる数か月前に保険会社から手続きの案内や書類が届くので、請求者は、期日までに書類を整えればスムーズに手続きは完了します。一方、入院給付金や死亡保険金などの給付金は、突発的に起こることで、しかも病状によって取り寄せる書類が異なる場合があります。しかも、保険金の請求者側が請求書類にきちんと記入してない場合、書類のやりとりが遅れるため、スムーズに保険金を受け取れないこともあります。保険金の請求がスムーズに行われると顧客満足度があがって、次に加入するときも同じ保険会社を選ぶ傾向があるようですので、保険会社も保険金の請求がなるべく一回でスムーズに終われるように様々な工夫をしているようです。しかし、対応が遅い保険会社もたくさんあるようですので、生命保険に加入する時にはこのようなランキングを参考にしながら選ぶのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。