★遠方地域での就活の際に重要になってくる宿泊方法について徹底紹介!!★

就活も6月の選考スタートまで時間が迫ってきましたが、宿泊についても準備を進めていますでしょうか。首都圏には有名企業や大企業が多く所在しているため、地方からの応募者も殺到します。ただし、選考の都度地元と首都圏を往復していては多額の旅費が発生してしまいます。そこで、就活期間中は都内などに一時滞在する人が多いようです。夜行バスを利用する人もいますが、安全面で問題視されていますし、頻度が多くなれば滞在したほうが安上がりなケースも多々あります。一時滞在すれば移動の負担もなくなるため、より就活に専念できる環境を手に入れることが可能です。ビジネスホテルなどに宿泊して滞在する人もいれば、マンスリーの賃貸物件を借りる人もいます。これらは、ある程度の費用はかかりますが、漫画喫茶などと違いプライバシーが確保されているためストレス軽減にもつながり魅力的です。ビジネスホテルは5000円以下でも宿泊できますが、環境面は施設によって千差万別なので、ネットでレビューなどを参考にすることをお忘れなく。いっぽう、マンスリーマンションは、都内だと月額8万円くらいから利用できますが、長期的な滞在者向きとなります。つまり、都市間の移動がほとんどない、首都圏にターゲットを絞って就活する大学生におすすめの宿泊方法となります。他にも、シェアハウスに短期滞在して就活する人もいます。シェアハウスは、寝室は個室となり、後は他のルームメイトと共同利用になります。寝具や最低限の家具・家電が備わっているので、バッグ一つで滞在可能です。ただし、他の住居人と共同生活となるので、ストレスを感じることが多々あります。費用は物件によって大きく異なるので、興味がある人はネットで検索してみると良いでしょう。宿泊施設については就職支援の一環として多くのサイトで紹介しています。最適な宿泊施設を見つけて就活が効率よく進むことを願っています。

就活 宿泊はコチラ

FireShot Screen Capture #129 - 'セカンドキャンパスI就活生を応援する2つめの就職課' - second-campus_net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です