★生命保険に加入するベストなタイミングとは!?知っておきたい保険の重要性と仕組み!★

4月も終わりに近づき、新入社員も研修が終わりそれぞれの部署に配属された人もいると思います。そんな時、外交員と会い勧誘されることから保険への関心が高まりだすと思います。外交員の方は、自分の成績にも影響することから少々過大な保障を勧めてくることがありますが、保険の必要性をしっかりと理解しておけば失敗することもありません。そこで今回は、生命保険に加入するタイミングと必要な保障内容について簡単に紹介していきたいと思います。まず、新卒社員のような独身世代の方は、無理に生命保険に加入しなくても良く、入るなら葬式代程度で十分です。これは、生命保険は自分に万が一のことがあった場合に残された家族に支給される保険金だからです。なので、若いほうが保険料が安い医療保険を充実させておくほうが重要となります。もちろん、歳をとる毎に持病や病気のリスクも増えるので、一生涯保障の終身タイプがおすすめです。では、生命保険の加入するタイミングとして一番なのが結婚したときです。結婚すると家族ができるため、自分が万が一のことがあっても、残された配偶者が生活に困らないよう死亡保障をしっかりとかけておきましょう。子供ができれば、それに上乗せする形で養育費が必要となってきます。子供を成人するまで育てるには全て公立の学校へ通ったとしても2000万円はかかると言われています。したがって、保険料の安い定期保険でも良いので、子供が大学まで行ける資金を生命保険で備えておくことは重要です。以上のように、生命保険に加入するタイミングは家庭を持った時が最適となります。必要な保障額は家庭ごとの生活水準によって大きく異なってくるので、気になる方はFPなどのプロに一度相談してみると良いでしょう。

http://生命保険比較ランキング.jp/

生命保険比較ランキング※最適な死亡保障の備え方

★遠方地域での就活の際に重要になってくる宿泊方法について徹底紹介!!★

就活も6月の選考スタートまで時間が迫ってきましたが、宿泊についても準備を進めていますでしょうか。首都圏には有名企業や大企業が多く所在しているため、地方からの応募者も殺到します。ただし、選考の都度地元と首都圏を往復していては多額の旅費が発生してしまいます。そこで、就活期間中は都内などに一時滞在する人が多いようです。夜行バスを利用する人もいますが、安全面で問題視されていますし、頻度が多くなれば滞在したほうが安上がりなケースも多々あります。一時滞在すれば移動の負担もなくなるため、より就活に専念できる環境を手に入れることが可能です。ビジネスホテルなどに宿泊して滞在する人もいれば、マンスリーの賃貸物件を借りる人もいます。これらは、ある程度の費用はかかりますが、漫画喫茶などと違いプライバシーが確保されているためストレス軽減にもつながり魅力的です。ビジネスホテルは5000円以下でも宿泊できますが、環境面は施設によって千差万別なので、ネットでレビューなどを参考にすることをお忘れなく。いっぽう、マンスリーマンションは、都内だと月額8万円くらいから利用できますが、長期的な滞在者向きとなります。つまり、都市間の移動がほとんどない、首都圏にターゲットを絞って就活する大学生におすすめの宿泊方法となります。他にも、シェアハウスに短期滞在して就活する人もいます。シェアハウスは、寝室は個室となり、後は他のルームメイトと共同利用になります。寝具や最低限の家具・家電が備わっているので、バッグ一つで滞在可能です。ただし、他の住居人と共同生活となるので、ストレスを感じることが多々あります。費用は物件によって大きく異なるので、興味がある人はネットで検索してみると良いでしょう。宿泊施設については就職支援の一環として多くのサイトで紹介しています。最適な宿泊施設を見つけて就活が効率よく進むことを願っています。

就活 宿泊はコチラ

FireShot Screen Capture #129 - 'セカンドキャンパスI就活生を応援する2つめの就職課' - second-campus_net

★自動車事故に対応した1日保険が誕生!他人の車を運転するときに非常に便利!★

車を所有していない人は自動車保険に加入しているのが一般的ですが、他人の車を運転する機会は意外と多いと思います。実家に帰省した際に両親の車を借りる場合は、友人同士でドライブ旅行に際は交代で運転することが多々あります。そんな時、車所有者の契約状況によっては、他人が運転した際の事故について補償されないリスクがあります。事故の状況によっては、高額な慰謝料や損害賠償などが請求される場合もあるため、ちょっとした運転でも必ず保険に加入しておくことが重要です。今まではドライバー保険などがありましたが、年単位の契約なので運転頻度が少ない場合は保険料が高いデメリットがありました。しかし、近年は自動車版の1日保険が各社から販売されているため、少ない費用でもしものリスクに備えることができるようになりました。当商品は1日から最大7日まで契約期間を選択でき、保険料も1日500円の割安価格で加入できます。1日保険の補償内容は通常の自動車保険と同等のレベルとなっているため、安いからと言って補償が劣るとは限りません。おすすめの1日保険としては、三井住友海上から販売されている「1DAY保険」です。他社と違うのは、手荷物が補償されるプランがあることです。ゴルフ用品やカメラなど高額傾向にある所持品を車で運ぶ人は、手荷物補償をつけておくことをおすすめします。また、他社の1日保険はスマホからしか加入できないケースが多いですが、1DAY保険はセブンイレブンからも申込手続きが可能なのでスマホを持たない人でも安心です。

FireShot-Screen-Capture-#061---'1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版'---1日自動車保険_biz