★妊娠線治療のレーザー治療って痛くないの!?正しい医療機関の選び方!★

妊娠線は、皮膚の内側にある真皮や皮下組織が急激な膨らみに付いていけなくなってしまって肌に亀裂が生じたような痕ができます。保湿クリームを塗ったとしても真皮や皮下組織までは有効成分が浸透しないため、予防は困難だと言われています。したがって、医療機関による妊娠線治療が唯一の改善方法となっています。以前は妊娠線を消すことが医療技術を用いても困難とされてきましたが、近年では薄く・目立たなくすることが可能になっています。妊娠線治療は様々な方法がありますが、レーザー治療が最も一般的で多くの医療機関で採用されています。レーザー治療は、妊娠線や肉割れのほかにもシミやシワなどの改善に効果的な治療法として広く普及しているので実績に申し分はありません。レーザーには、皮膚再生を促すコラーゲン生成を活発化させる効果が確認されており、妊娠線を目立なくさせることが可能です。メリットとしては、速効性があり、1回10分のレーザー治療でも大きく改善が見られたケースもあるほどです。1回の費用が5万円程度と良心的な価格でもあるため、妊娠線治療として選ぶ人は多いです。ただし、レーザー治療には副作用が確認されており、「赤み」や「かさぶた」ができてしまう人もいます。1週間程度で治る人もいれば、肌が弱い人は火傷のような痕が残ってしまう可能性もあるため注意が必要です。妊娠線治療でレーザー治療を検討している人は、症例実績が豊富な医療機関に受診すること。肌が弱いとカウンセリング時に医師に伝えることが重要となります。

FireShot-Screen-Capture-#310---'妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方'---妊娠線・肉割れ_jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です